札幌の家の遺品整理は49日前にするべき?タイミングを解説

札幌の家の遺品整理は49日前にするべき?タイミングを解説

札幌の家の家族や親族が亡くなったときは「どのタイミングで遺品整理すべきか」悩むのではないでしょうか。

葬儀の後は49日法要もあります。

自宅で49日法要を行う場合は49日前に遺品整理した方がいいのではないかと考えるかもしれません。

しかし49日法要の段階で遺族の気持ちの整理がついていないケースもあるため、

遺品整理のタイミングでさらに悩むことになります。



札幌の家の遺品整理はどのタイミングで行うべきなのでしょう。

札幌の家の遺品整理の時期について解説します。



札幌の家の遺品整理の時期は49日前?実は決まっていない

札幌の家の遺品整理の時期は決まっていません。



遺品整理をするためには遺族の心の整理も必要です。

たとえば家族を亡くして札幌の家の遺品整理をする場合、

亡くなってすぐだと遺族の心の整理がついていないかもしれません。

遺品整理は「49日前までしなければいけない」というルールはありませんから、

家族や親族が遺品整理しようと思ったタイミングで業者に依頼して差し支えありません。



ただし、相続手続きには注意してください。

相続手続きの中でも相続税申告などは期限があります。

札幌の家の遺品整理は何時行っても問題ありませんが、

相続手続きには期限が定められている手続きもあるため混同しないように注意しましょう。



札幌の家の遺品整理の3つのタイミング

遺品整理をする場合、他の手続きなどにタイミングを合わせて時期を決める方法があります。

よく遺品整理が行われる3つのタイミングは49日前など以下の通りです。



・49日前のタイミングで札幌の家の遺品整理をする



49日前は故人がこの世にいると考えられています。

49日後に天国に旅立つとも言われますから、故人が新たな旅立ちを迎えるタイミングで遺品整理してはいかがでしょう。

具体的には49日前は遺品整理せず、49日前に予定を整えておきます。

そして49日後に予定に沿って遺品整理を進めるという流れです。



・相続手続きに合わせて札幌の家の遺品整理をする



相続手続きの際は書類などの準備が必要です。

財産に関する書類など故人の部屋に相続手続きに必要な書類があるケースも珍しくありません。

相続手続きの準備のために、期限のある相続税などの手続きタイミングに合わせて札幌の家の遺品整理をする方法です。



なお、相続放棄をする場合は遺品整理をすることで「遺品を処分した(使った)のだから相続の意思があった」と判断され、相続放棄が認められない可能性があります。

相続放棄をする場合は、弁護士や司法書士などの専門家に相談のうえで遺品整理を進めた方が安心です。



・家族の気持ちが整理できたときや命日に遺品整理する



家族の故人に対する気持ちの整理がついた段階で遺品整理をしたり、故人の命日などに遺品整理したりする方法です。

49日前でも気持ちの整理がついていれば遺品整理に着手して差し支えありません。



最後に

札幌の家の遺品整理の時期やタイミングは決まっていません。

相続手続きに合わせたり49日前に合わせたりするなどいろいろな方法があります。



札幌の家の遺品整理のタイミングや時期に悩んだら専門業者に相談して決めるという方法もあります。

専門業者の場合は相続手続きなどの進捗状況や遺品の量などを確認して計画を提案することも可能です。

遺品整理の時期に迷ったら相談してみてはいかがでしょう。



遺品整理はワイエスデイへご相談ください。

一覧を見る