遺品整理にかかる期間はどのくらい?業者と個人を比較

遺品整理にかかる期間はどのくらい?業者と個人を比較

遺品整理をするときは、一体どのくらいの期間が必要なのでしょうか。



遺品整理をする場合、故人と同居していて、それほど遺品整理を急ぐ必要のないケースもあります。

反面、故人の住んでいた賃貸物件の明け渡しの関係で、遺品整理を急ぐケースもあるはずです。

賃貸物件の明け渡しや、遺族が「いつまでに遺品整理を終わらせたい」という都合がある場合、

遺品整理にどのくらいの期間がかかるか知って進めないと、期間まで終わらず慌てることになります。



この記事では、遺品整理にかかる期間について、遺品整理業者と個人にわけて解説します。



遺品整理にかかる期間|個人の場合

個人の遺品整理にかかる期間はまちまちです。

以下の要因によって、どのくらいの期間がかかるか変わってきます。



・故人が一軒家に住んでいたか、それとも同居か

・故人の住居は賃貸物件だったか

・故人が相続財産をどのくらい有していたか

・書籍集めなど遺品が増えるような趣味を故人が有していたか

・故人が自分の住居で仕事をしていたか



このような要因により故人の遺品の量がかなり変わってきます。

そのため、物の量によって遺品整理の期間が変わってくる可能性が高いのです。

また、個人で遺品整理をおこなう場合は人手の数も限られますので、遺品が多い場合に、

一気に遺品整理できないことも少なくありません。



遺品整理の目安としては、故人が実家などの一室や賃貸物件の一室に住んでいた場合は、

毎日少しずつ遺品整理をして1週間ほどといわれます。

ただ、故人の遺品が多い場合は1カ月以上の期間がかかるケースもあります。

故人が一軒家に住んでいたなどの場合は、

遺品整理だけで1年以上の期間がかかるようなケースもあるのです。



また、賃貸物件の明け渡しなどの関係で特定の日まで遺品整理を終わらせなければいけないケースでも、

その日まで遺品整理が終わらないこともあります。



遺品整理にかかる期間|業者の場合

遺品整理を業者に依頼する場合は、基本的に個人で遺品整理するより、早期に遺品整理が完了します。

遺品整理の期間は整理する遺品の量や遺品整理への着手状況にもよりますが、

遺品整理を終了したい日付の前に余裕を持って相談することで、

その日付にあわせて遺品整理を終わらせることが可能です。



遺品整理業者の場合は遺品整理に必要な車や人手、専門知識もありますから、

個人でおこなうよりも短い期間で遺品整理が終わるのが基本になります。



業者が遺品整理をする期間は、遺族が「いつまで遺品整理を終わらせたいか」にあわせて決めることになります。

急いでいる場合は、基本的に遺族のスケジュールにあわせて遺品整理に着手し、終わらせることになるのです。



最後に

遺品整理にかかる期間は、遺品の量やいつまでに終わらせたいかという予定によって変わってきます。

ただ、個人でおこなう場合は、一室や賃貸物件で1週間ほどが目安だといわれているのです。

遺品の量に応じて1カ月や1年以上期間がかかるケースもあります。



遺品整理の業者に依頼した場合は、依頼者の「いつまで終わらせて欲しい」という希望にあわせてスケジュールを組むことになります。

基本的に個人でおこなうより遺品整理が早く完了します。



遺品整理は株式会社ワイエスディにお任せください。

期間の限られた遺品整理も、お客様の予定にあわせて進めさせていただきます。

一覧を見る