遺品整理の業者選びなどコスト抑える3つのコツ

遺品整理の業者選びなどコスト抑える3つのコツ

■遺品整理のコスト抑えるコツ

遺品整理のコスト抑えるためには3つのコツを把握しておくことが重要です。

事前準備や整理した遺品の活用など、費用負担を軽減するポイントを業者視点で説明します。

・遺品の整理やゴミ出しを自分でもやっておく

遺品整理すべてを自分でする必要はありません。

自分で遺品整理できるなら遺品整理業者に依頼する意味はないからです。

遺品の中から重要そうなものや活用できる家電を拾っておくなど、自分でできることをしておくだけで遺品整理業者の負担は軽減されます。

また、ゴミ出しなどもしておくと、やはり業者の負担が軽減されますので、コスト抑えるために有効です。

・遺品整理した家電などをリサイクルショップに売却する

遺品整理した物の中で不要かつ売却できそうなものはリサイクルショップなどに売却するといいでしょう。

遺品整理を依頼する側が遺品を取捨選択することで、遺品整理業者に処分されずに済みますから、依頼側の判断により換金なども可能です。

換金する物や価格によっては、遺品整理分の売却で費用をまかなえることもあります。

・コスト抑えるときは遺品整理を依頼する業者をしっかり選ぶ

遺品整理の費用は業者の人数や整理時の内容によって変わってきます。

人数が多くなるとそれだけ遺品整理費用は多くなり、ゴミの量などが増えれば業者の仕事が増えますから、それだけ遺品整理費用が増える傾向にあるのです。

また、同じような業務内容でも業者によって費用が変わります。

コスト抑えるためには遺品整理を依頼する業者をしっかり選ぶことが重要です。



■遺品整理のコスト抑える業者選び

遺品整理を依頼するときのコスト抑えるときは業者選びがポイントになります。

業者選びといえば遺品整理の見積り金額を重視するかもしれませんが、コスト抑えるためには見積もりの比較だけでは不十分です。

コスト抑える業者選びのためには、遺品整理業者の以下のようなポイントも比較してみましょう。

・遺品整理の見積りに含まれる業務も比較する

ある業者は清掃込みの費用で見積もりを出し、別の業者は遺品整理の費用だけを計算して見積もりを出したとします。

同じ金額で見積もり金額が出ても業者の仕事内容には違いがあることが分かるはずです。

遺品整理の見積り金額で比較せず内容でも比較しましょう。

・遺品整理業者と遺品整理したい不動産の距離

遺品整理したい不動産から業者が遠方の場合は、交通費などの負担がかさむため費用が割高になる可能性があります。

遺品整理したい不動産から近い業者やエリア内の業者を選ぶのがコスト抑えるコツです。



■最後に

遺品整理でコスト抑えるのは業者を選ぶことや、整理した遺品を売却して費用負担を軽減することなどです。

業者選びをする場合は見積の比較だけでなく、業者が実際にしてくれる遺品整理の範囲など、内容も比較して決めましょう。

分からないことがあれば業者に確認することもポイントです。

遺品整理はワイエスデイにお任せください。

一覧を見る